腰痛治療
腰痛の治療と原因
コンテンツ
発表から延べ30万人が腰痛を克服した自宅で出来る運動・トレーニング
LINK

下半身太り解消
  腰痛の原因

《外傷》
事故などで、1度骨折・脱臼をすると腰の痛みが慢性化することがあります。またその際には筋力が大きく低下して腰痛が起こりやすくなるので、リハビリとして、腹筋や背筋の筋力を付けること治療法です。

《過度の運動》
筋肉や靭帯に炎症が起こります。急に炎症が起こると、無意識にその部分を極力使わないようにしようとするので、段々と全身の筋肉が硬くなってきて、筋力が衰えてきます。

《姿勢》
原因の中で最も多いのが仕事で椅子に座る姿勢なのです。
真っ直ぐな姿勢が斜めに崩れると、腰椎にかかる負担が大きくなるために筋肉が疲労・緊張し、こわばることにより腰を痛める主な原因を引き起こすのです

《筋力低下》
背筋より腹筋が弱いと酷い腰痛になりやすい負担の原因となります。
また、体が柔軟でなく硬いと身体を動かすときに筋肉への負担が更に大きくなります。

《内臓の重い病気》
腰痛を引き起こす内臓の病気には胃・十二指腸潰瘍、胆石症、腎結石、尿管結石などが主な原因と考えられております。

《外的ストレス》
自律神経は職場の交錯する人間関係のストレスの影響をとても受けやすいのが初期の特徴で、特に自律神経が半年以上連続して乱れると 筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなったりして慢性的な腰を痛める原因を引き起こすことになります。

《女性(妊娠/出産/産後/生理)》
女性が頻繁に急激な腰痛を起しやすい意外な理由は、先天的に股関節の成長不全の人が多いこと、両親による遺伝的に婦人科疾患にかかりやすいこと、妊娠や出産の機会で骨盤に負担がかかること、加齢で閉経すると骨粗しょう症になりやすいことです。
 腰痛の種類は何か

《椎間板ヘルニア》
症状の多くは片側に起こり、腰から下肢の後ろ側に沿って広範囲に痛みます。
静かに仰向けに寝て、両方のひざを伸ばしたまま、急に足を上げようとすると、腰から下肢のうしろ側が痛んで高く上げられないのは、この病気の重要な目に見える兆候です。

《ぎっくり腰(腰痛症)》
腰の激痛のため身動きもできなくなり、布団で寝返りをうつのもつらくなります。 はじめて経験した人は驚いてあわてますが、楽な横向きの姿勢で寝ていれば、それほど痛くないのも特徴です。

《坐骨神経痛》
丸いお尻の中心から大腿後面(太もも)さらに下腿後面(ふくらはぎ)へビリビリとする鈍い痛みが椅子に座るとはしります。多くは腰椎の椎間板ヘルニアや変形性腰椎症によります。

《腰椎すべり症》
第四腰椎で閉経後の太った中年の女性に起こることが多く、頑固な痛みの原因となり、両方の足に想像を絶する突発的な強いしびれを常時伴うことが普段から多くなっています。

《腰椎分離症》
腰を捻りながら、腰を前や後ろに曲げたりした場合で、負荷が余分に掛かる過激な団体スポーツをする人たちに多く起こり、同じ不自然な姿勢を固定して続けたり、同じ動作を続けたりすることが辛かったり、後屈ができない、下肢にしびれが現れるなどの症状があります。

 腰痛の治療

《急な腰の痛みへの治療》
ぎっくり腰のような急に激しい痛みがきたときの瞬間の治療法として、最初に患部を時間をかけて冷やすことが肝心である。これは他の急性筋肉疾患でも同様だが、冷やすことで急な炎症の亢進を抑えて疾患の拡大(腫れ・疼痛)を出来るだけ小さくするための処置であるので、可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く痛みも少ない。急性期を過ぎた後は、今度は出来るだけゆっくりと温めて血流を良くすると筋の復帰も早い。(出展ウィキペディア)


《原因不明の腰痛で長年悩む95%の人が成功した、奇跡の運動療法》

簡単なエクササイズで筋肉を再教育する運動療法
紹介するプログラムは、900もあるエゴスキューのエクササイズから腰痛を解消するために選りすぐった14のエクササイズ(簡単な体操)です。 多くの方々の痛みを解消できる、医療現場や実証実験などを経た実践的な方法です。
「シカゴで最も傑出した女性100人」に選ばれた唯一の日本人女性が世界のアスリート・有名・著名人に認められた、知る人ぞ知る腰痛解消方法

  エゴスキュー:腰痛解消プログラム
Copyright 2017 All rights reserved
2style.net