手数料について

FX初心者の方がもっとも気になるうちのひとつは、手数料ではないでしょうか。手数料には、「取引手数料」と「スプレッド手数料」があります。この2つを合計したものが実際に支払う手数料です。

手数料が安いかどうかは、この金額を確認するとよいでしょう。取引手数料とは、売り買いした際にかかるコストのことです。一般的には、一万通貨あたりいくらかと示されます。

業者によっては1000円あたりのところもあります。取引手数料は、片道手数料です。実際には、「注文→決済」となるので往復2倍の金額がかかります。取引手数料は0円の取引業者が多いです。

取引業者は、もうひとつの「スプレッド手数料」から利益を得ているのです。「スプレッド」とは、2通貨の売り買いした際の差益です。スプレッドは取引業者によって、自由に設定されています。

自由に設定できるということは、取引業者がいつでも変更することができます。よって固定している取引業者を選ぶとよいでしょう。また、取引手数料が0円ということは、スプレッドの幅が狭い取引業者の方がお得ということになります。

スプレッド費用は1取引毎に発生するので、取引すればするほど増えていきます。FXでは、取引手数料やスプレッドが安いのがお得!取引業者に迷ったらまずは手数料で比較するのがよいでしょう。

元金を少なく始めたい人は、取引通貨単位(1回の取引に最低必要な金額)が小さい取引業者を選択するとよいでしょう。



Copyright (C) 2008 FX比較・初心者ナビ. All Rights Reserved.
2style.net