取引業者選び

FX初心者がまず気をつけなければならないのは、取引業者選び。取引は、銀行や証券会社を通じて行います。取引業者を選ぶ際、何に重点を置いて考えるのか。比較するポイントをきちんと考えることが重要です。

比較するポイントとしては、取引手数料、スプレッド(売値と買値の差額で業者に一部手数料として入る)。まずはスプレッドが低いものから始めましょう。最低取引通貨単位はいくらか。他にはレバレッジ(倍率)がどれくらいか。

スワップポイント(両通貨の金利差調整額)、スワップ金利が高いものがお勧めです。信託保全を行っているかどうか。などまだまだ多くのものがあります。このような取引ルールがきちんと整備されている方が、安全性が高いといえます。

また、取引システムや情報量の多さも重要なポイントです。取引終了間際、大きな取引による取引集中時におけるシステムの反応の良さ。システムの使いやすさ。

これが悪いと、思い通りの金額で売買ができなかったり、損失がでたりしてしまうこともあるのです。情報も多く開示している業者の方が、より信頼度が高く安全性が高いといえます。

ですから、ニュースや記事が充実しているかどうかもチェックが必要です。また口座数が多ければ、利用者のニーズがそれだけあり信頼できるということです。口座数も取引業者への信頼度を推し量る目安となるでしょう。

口座開設や維持費は多くの場合、無料です。まずは自分の行いたい取引を決める。手数料が安く、希望する取引にあったタイプの業者を複数みつける。低コストより複数の業者で口座開設して、取引を試してみることから始められるのがいいと思います。



Copyright (C) 2008 FX比較・初心者ナビ. All Rights Reserved.
2style.net