停滞期の原因

仕組みを理解しよう

長期間ダイエットを続けていると、ある時からぱたっと体重と体脂肪率の減少がストップします。いわゆる「停滞期」というやつですね。ほとんどの方がこの停滞期中にモチベーションが下がってしまい、減量を諦めてしまいます。それまでの努力を無かったことにしてしまうわけですね。何だかもったいないと思いませんか?


そんな時は仕組みを理解しましょう。停滞期は何故発生するのか?それを解明すればたとえ体脂肪率が減っていなくてもやる気が極端に低下するなんて事はないはずです。原因が分かれば自ずと解決策も分かるわけですから。


では解説を。


まず停滞期を一言で表現するならば、「身体の防衛本能」に他なりません。そもそも体脂肪というのは緊急時のエネルギー源として身体に貯蔵されています。それをいくら健康のため、美容のためとはいえ、減らしてしまう行為というのは身体にとってイレギュラーな現象なのです。


なので、ダイエットが長いこと続けられ、それに比例して体重などが減ってくると防衛本能が働いてしまうのです。「これ以上貯蔵されている体脂肪を減らすな」と。


すると無意識下で身体の仕組みが変化していきます。体脂肪が減りにくくなったり、栄養の吸収率が高まったりするわけですね。これはもう何度も言いますが、「防衛本能」なので防ぐ手立てはありません。というかむしろ邪魔をしてはいけません。


ではどうすればいいの?と思うかもしれませんが、対応は簡単です。「時間が経つのを待てばいい」。それだけです。


ダイエットというイレギュラーな事態が発生しようとも、ずっとその状態が続けば身体は警戒状態を解きます。「あっこれが普通なんだ」といった感じに。その後からはまた通常通りに体脂肪は落ちていきます。


だから停滞期に突入したら、「諦めずにダイエットを続ける」ことが大事なのです。一番愚かなのは「痩せないから」と諦めてしまうことです。それまでの努力が無駄にならないように、意志を強く持ちましょう。

関連エントリー

基礎代謝量を増やして体脂肪を落とす
体脂肪をもっと効率良く落とすためには基礎代謝量を増やすといいです。
運動をするタイミングに体脂肪の減る量というのは左右される
一番ダイエットに効果のある時間帯に運動をするようにしましょう。
汗をたくさんかいても体脂肪の減少にはつながらない
基本的にダイエットにおいて発汗はマイナスにしかなりません。その理由を説明。
水を飲むと痩せる理由
「水を飲めば痩せる」とはよく言われることです。本ページではその仕組みとやり方について解説しています。
停滞期はどうして発生するのか?体脂肪が減らなくなる理由
減量する人間にとって最も手強い敵の一つである停滞期。そのメカニズムを解説。
チョコレートダイエットで痩せることが出来るのか?
珍しいダイエット法を紹介します。
バナナダイエットで体脂肪率は減る?
昔流行ったバナナダイエットはどんなもので、どの程度痩せるのか?説明します。
ダイエットは辛いもの。「体脂肪を落とすこと」の大変さを受け止めよう。
ダイエットは楽をして成功できるものではありません。体脂肪を落とす大変さを認識し、受け入れることが大切です。
いくらダイエットをしても体重が減らない場合は筋肉が増えているのかも?|体脂肪を簡単に落とすための必勝マニュアル
いくらダイエットをしても体重が一向に減らないという人は筋肉が増えているのかもしれません。
朝ごはんを食べないと体脂肪がつきやすくなる
朝ごはんというのはダイエットにおいてとてもだいじな要素。体脂肪がつきやすい体になりたくなければしっかりと食べるようにしましょう。
消費カロリーと体脂肪の関係
 
筋トレとジョギング、どちらも体脂肪燃焼には効果がある
 
リバウンドによる体重・体脂肪率増加を抑えるコツ
ダイエット後に発生する「リバウンド」を最小限に抑えるコツを紹介しています。
インナーマッスルを鍛えよう
インナーマッスルを鍛えれば体脂肪がつきにくくなります。
脂肪の種類について
 
太るのは自分に何かしらの原因があるもの
 
体重を落とすための食品選び
ダイエットに向いている食品を紹介します。
ダイエット的にも健康的にもウォーキングは習慣化しよう
ウォーキングを習慣化するのはとても体に良い。
顔痩せのような部分的なダイエットは不可能
顔痩せに代表される「部分痩せ」に津いて書いていきます。

おすすめ商品


2style.net