ダイエットの大変さ

ダイエット失敗の要因「飽き」「疲れ」

ダイエットというと身体にとってプラスの行為だと思われがちです。確かに体脂肪を落とすということは健康を維持するうえで大切な事ですが、同時にやり過ぎは負担になるということも忘れないでください。なぜなら「それまで当たり前のように体内に存在していた物質を無くす行為」なのですから。


効果がある減量法であればあるほど身体に対する負担というのは増していきます。もちろん標準以上の体脂肪率だった場合にはその負担は潜在化していますが、標準以下になった時は少しずつ顕在化してきます。なので普通よりも痩せたいと望むのならば体調管理はしっかりと行うようにしましょう。


ちなみに、どれだけ楽ちんで簡単なダイエット法であっても、「食欲」や「可能な限り楽をしたい」という人間の根源的な欲求に逆らっていることになるので、どんな形にしろ必ず「飽き」、「疲れ」というものがやってきます。


多くの人は「飽き」や「疲れ」に耐えることが出来なくて体脂肪を落とすことを諦めてしまいますが、本当に痩せたいのであればそのようなものに屈服してはいけません。基本的にダイエットいうのは我慢なくして成功することはないのですから。壁に直面するたびに挫折していては何時まで経っても痩せることなんて出来ませんよ。


しかし、よく頭を働かせればダイエットに対する疲労や飽きを軽減させる方法は思いつくはずです。それさえ出来ればストレスを最小限に抑えることができ、減量の成功率が上がるでしょう。自分が選択しているダイエット法に適合したストレス軽減法を模索しましょう。

関連エントリー

基礎代謝量を増やして体脂肪を落とす
体脂肪をもっと効率良く落とすためには基礎代謝量を増やすといいです。
運動をするタイミングに体脂肪の減る量というのは左右される
一番ダイエットに効果のある時間帯に運動をするようにしましょう。
汗をたくさんかいても体脂肪の減少にはつながらない
基本的にダイエットにおいて発汗はマイナスにしかなりません。その理由を説明。
水を飲むと痩せる理由
「水を飲めば痩せる」とはよく言われることです。本ページではその仕組みとやり方について解説しています。
停滞期はどうして発生するのか?体脂肪が減らなくなる理由
減量する人間にとって最も手強い敵の一つである停滞期。そのメカニズムを解説。
チョコレートダイエットで痩せることが出来るのか?
珍しいダイエット法を紹介します。
バナナダイエットで体脂肪率は減る?
昔流行ったバナナダイエットはどんなもので、どの程度痩せるのか?説明します。
ダイエットは辛いもの。「体脂肪を落とすこと」の大変さを受け止めよう。
ダイエットは楽をして成功できるものではありません。体脂肪を落とす大変さを認識し、受け入れることが大切です。
いくらダイエットをしても体重が減らない場合は筋肉が増えているのかも?|体脂肪を簡単に落とすための必勝マニュアル
いくらダイエットをしても体重が一向に減らないという人は筋肉が増えているのかもしれません。
朝ごはんを食べないと体脂肪がつきやすくなる
朝ごはんというのはダイエットにおいてとてもだいじな要素。体脂肪がつきやすい体になりたくなければしっかりと食べるようにしましょう。
消費カロリーと体脂肪の関係
 
筋トレとジョギング、どちらも体脂肪燃焼には効果がある
 
リバウンドによる体重・体脂肪率増加を抑えるコツ
ダイエット後に発生する「リバウンド」を最小限に抑えるコツを紹介しています。
インナーマッスルを鍛えよう
インナーマッスルを鍛えれば体脂肪がつきにくくなります。
脂肪の種類について
 
太るのは自分に何かしらの原因があるもの
 
体重を落とすための食品選び
ダイエットに向いている食品を紹介します。
ダイエット的にも健康的にもウォーキングは習慣化しよう
ウォーキングを習慣化するのはとても体に良い。
顔痩せのような部分的なダイエットは不可能
顔痩せに代表される「部分痩せ」に津いて書いていきます。

おすすめ商品


2style.net