消費カロリーと体脂肪の関係

エネルギー消費量には気をつける

消費カロリーが摂取カロリーを上回ると、体は足りないエネルギーを補填しようと体脂肪を燃やすようになります。これがつまり痩せるということですね。なら摂取するカロリーを徹底的に少なくすればどんどん体脂肪が燃えるのでは?と思うかもしれませんが、実際はそんな簡単にはいきません。なぜかというと、人間には生きていくためにある程度カロリーが必要だからです。ダイエットのためにと摂取カロリーを極端に減少させてしまうと、体脂肪を減らす前に体に不調が現れるようになってきます。だからダイエット中にも一定量のエネルギーを体に取り入れることが必要なのです。


ちなみに体に不調が出ないようにするためには、一日あたり女性で1200kcal、男性で1500kcalほど必要になります。この数値は筋肉量などによって上下しますが、基本的にはこれだけ摂取していれば問題ありません。


そして体脂肪というのは7200kcal消費することによって1キロだけ減ります。ということは一日につき200〜300ほどカロリーを消費すれば、一ヶ月で1キロ痩せることが可能というわけですね。ただここで一つだけ気をつけて欲しいことがあります。それはダイエットで減らす体重はひと月あたり2キロ以内に抑えるということ。理由はというと、人間は短い間に多くの体重が減ってしまうと体に危機を感じ、体脂肪を溜め込みやすくなってしまうからです。あまりに急なスピードで減量を進めるとリバウンドしてしまうわけですね。気をつけましょう。まあ普通のダイエットをしている分にはもっとスローペースになるはずなので、多くの人には関係ない話になります。

関連エントリー

基礎代謝量を増やして体脂肪を落とす
体脂肪をもっと効率良く落とすためには基礎代謝量を増やすといいです。
運動をするタイミングに体脂肪の減る量というのは左右される
一番ダイエットに効果のある時間帯に運動をするようにしましょう。
汗をたくさんかいても体脂肪の減少にはつながらない
基本的にダイエットにおいて発汗はマイナスにしかなりません。その理由を説明。
水を飲むと痩せる理由
「水を飲めば痩せる」とはよく言われることです。本ページではその仕組みとやり方について解説しています。
停滞期はどうして発生するのか?体脂肪が減らなくなる理由
減量する人間にとって最も手強い敵の一つである停滞期。そのメカニズムを解説。
チョコレートダイエットで痩せることが出来るのか?
珍しいダイエット法を紹介します。
バナナダイエットで体脂肪率は減る?
昔流行ったバナナダイエットはどんなもので、どの程度痩せるのか?説明します。
ダイエットは辛いもの。「体脂肪を落とすこと」の大変さを受け止めよう。
ダイエットは楽をして成功できるものではありません。体脂肪を落とす大変さを認識し、受け入れることが大切です。
いくらダイエットをしても体重が減らない場合は筋肉が増えているのかも?|体脂肪を簡単に落とすための必勝マニュアル
いくらダイエットをしても体重が一向に減らないという人は筋肉が増えているのかもしれません。
朝ごはんを食べないと体脂肪がつきやすくなる
朝ごはんというのはダイエットにおいてとてもだいじな要素。体脂肪がつきやすい体になりたくなければしっかりと食べるようにしましょう。
消費カロリーと体脂肪の関係
 
筋トレとジョギング、どちらも体脂肪燃焼には効果がある
 
リバウンドによる体重・体脂肪率増加を抑えるコツ
ダイエット後に発生する「リバウンド」を最小限に抑えるコツを紹介しています。
インナーマッスルを鍛えよう
インナーマッスルを鍛えれば体脂肪がつきにくくなります。
脂肪の種類について
 
太るのは自分に何かしらの原因があるもの
 
体重を落とすための食品選び
ダイエットに向いている食品を紹介します。
ダイエット的にも健康的にもウォーキングは習慣化しよう
ウォーキングを習慣化するのはとても体に良い。
顔痩せのような部分的なダイエットは不可能
顔痩せに代表される「部分痩せ」に津いて書いていきます。

おすすめ商品


2style.net