チョコレートダイエットで体脂肪は落とせる?

仕組みを知ろう

かつて某健康番組で紹介された「チョコレートダイエット」というものを覚えていますか?チョコレートとダイエット、水と油のような対極に位置するもの同士を組み合わせた、めちゃくちゃなダイエット法です。


チョコは糖分と脂質を多く含んでいるため最もダイエットに向いていない食べ物と言えます。市販の板チョコ丸々一枚食べてしまった日には、体脂肪が軒並み増えていることでしょう。そんなものを使って一体どのように痩せるというのでしょうか?


このダイエット法は、「糖質の多さ」を利用したものです。人間の体は多量の糖が取り入れられると血糖値が急上昇します。そして血糖値の増加は満腹へとつながります。要するにチョコは少量でもすぐお腹いっぱいになる食べ物だということです。


なので、食事をする少し前にチョコを食べればメインディッシュを食べ過ぎることがなくなります。余計なカロリーを摂取することなく、体脂肪を増やすことなく食事を終えることが出来るのです。


このように仕組みを知れば効果があるように感じます。しかしこのダイエット法だとチョコに回したカロリー分だけ栄養を摂取することが出来なくなってしまいます。なので、実践したいという人は不足しがちな栄養をサプリメント等で適宜補給しましょう。


体脂肪を落とすのと同時に甘いものを食べることが出来る。これこそがチョコレートダイエットの最大のメリットでしょう。でもまあ個人的には余程甘い食べ物に執着がある人以外は実践しないことをおすすめします。

関連エントリー

基礎代謝量を増やして体脂肪を落とす
体脂肪をもっと効率良く落とすためには基礎代謝量を増やすといいです。
運動をするタイミングに体脂肪の減る量というのは左右される
一番ダイエットに効果のある時間帯に運動をするようにしましょう。
汗をたくさんかいても体脂肪の減少にはつながらない
基本的にダイエットにおいて発汗はマイナスにしかなりません。その理由を説明。
水を飲むと痩せる理由
「水を飲めば痩せる」とはよく言われることです。本ページではその仕組みとやり方について解説しています。
停滞期はどうして発生するのか?体脂肪が減らなくなる理由
減量する人間にとって最も手強い敵の一つである停滞期。そのメカニズムを解説。
チョコレートダイエットで痩せることが出来るのか?
珍しいダイエット法を紹介します。
バナナダイエットで体脂肪率は減る?
昔流行ったバナナダイエットはどんなもので、どの程度痩せるのか?説明します。
ダイエットは辛いもの。「体脂肪を落とすこと」の大変さを受け止めよう。
ダイエットは楽をして成功できるものではありません。体脂肪を落とす大変さを認識し、受け入れることが大切です。
いくらダイエットをしても体重が減らない場合は筋肉が増えているのかも?|体脂肪を簡単に落とすための必勝マニュアル
いくらダイエットをしても体重が一向に減らないという人は筋肉が増えているのかもしれません。
朝ごはんを食べないと体脂肪がつきやすくなる
朝ごはんというのはダイエットにおいてとてもだいじな要素。体脂肪がつきやすい体になりたくなければしっかりと食べるようにしましょう。
消費カロリーと体脂肪の関係
 
筋トレとジョギング、どちらも体脂肪燃焼には効果がある
 
リバウンドによる体重・体脂肪率増加を抑えるコツ
ダイエット後に発生する「リバウンド」を最小限に抑えるコツを紹介しています。
インナーマッスルを鍛えよう
インナーマッスルを鍛えれば体脂肪がつきにくくなります。
脂肪の種類について
 
太るのは自分に何かしらの原因があるもの
 
体重を落とすための食品選び
ダイエットに向いている食品を紹介します。
ダイエット的にも健康的にもウォーキングは習慣化しよう
ウォーキングを習慣化するのはとても体に良い。
顔痩せのような部分的なダイエットは不可能
顔痩せに代表される「部分痩せ」に津いて書いていきます。

おすすめ商品


2style.net