体脂肪を落とすためのダイエットコラム

ダイエット豆知識エントリー一覧

基礎代謝量を増やして体脂肪を落とす
食事で摂取した食べ物、そして身体に蓄えられた体脂肪などなど、ありとあらゆるものをエネルギーへと変換しているのが人間という生き物です。貯蔵されたエネルギーは日々の生活の中で絶えず使われています。人間が生命活動を維持するために必要とされるエネルギー、カロリーのことを基礎代謝量と言います。別の言い方に直すならば「何もしなくても勝手に消費されるカロリー」です。理論上ではこの基礎代謝量以上食べなければ体脂肪は身体につきません。しかしこの数値は18歳を迎えた辺りから減少していってしまうという特徴もあります。...
運動をするタイミングに体脂肪の減る量というのは左右される
体脂肪を落とす方法として最もメジャーなものといえばやはり運動でしょう。直接的に体脂肪を燃やすことができるので、確実にそして短期間で痩せたい人は必ずするべきです。ただいくら効果的な方法と入っても運動をするタイミングによってはダイエット効果が大幅に変わってきます。「運動で体脂肪を落とすのに最も適したタイミング」で行えるように意識しましょう。それではベストなタイミングとは一体いつなのでしょうか?条件は二つあります。一つは食後三時間から四時間程度の時間に行うこと。もう一つは午前中に行うこと。前者の理由は...
汗をたくさんかいても体脂肪の減少にはつながらない
運動で汗をかくとあたかも体脂肪が燃焼された気になってしまうものです。なのでジョギング等をする際にサウナスーツを着用するという方は多いことでしょう。けれども汗をかく事と体脂肪の減少、つまりダイエットには直接的な関係はないのです。そもそも発汗というのは、運動などによって起こる体温の上昇を下げるために行われるものです。体温を調節するための現象というわけです。ですから身体から無くなっているのはあくまでも水分。体脂肪ではありませんにもかかわらず、この発汗による体重の減りを体脂肪の減りと勘違いし、「痩せた!...
水を飲むと痩せる理由
一日に2リットル以上の水を飲むと痩せやすい体になると言われています。これは摂取された水分が身体中の筋肉に分配され、活動が活発になり、多くのエネルギーを消費するようになるからです。おまけに新陳代謝を改善して、身体にたまった毒素を体外へ排出してくれるというメリットもあるので、「暇があれば水をコップ一杯飲む」ということを習慣化してみてください。ちなみに「水をたくさん飲む」となると水太りが気になるという方もいらっしゃると思いますが、その点に関しては心配しないでください。なぜなら水を飲んで太る、体脂肪率が...
停滞期はどうして発生するのか?体脂肪が減らなくなる理由
長期間ダイエットを続けていると、ある時からぱたっと体重と体脂肪率の減少がストップします。いわゆる「停滞期」というやつですね。ほとんどの方がこの停滞期中にモチベーションが下がってしまい、減量を諦めてしまいます。それまでの努力を無かったことにしてしまうわけですね。何だかもったいないと思いませんか?そんな時は仕組みを理解しましょう。停滞期は何故発生するのか?それを解明すればたとえ体脂肪率が減っていなくてもやる気が極端に低下するなんて事はないはずです。原因が分かれば自ずと解決策も分かるわけですから。では...
チョコレートダイエットで痩せることが出来るのか?
かつて某健康番組で紹介された「チョコレートダイエット」というものを覚えていますか?チョコレートとダイエット、水と油のような対極に位置するもの同士を組み合わせた、めちゃくちゃなダイエット法です。チョコは糖分と脂質を多く含んでいるため最もダイエットに向いていない食べ物と言えます。市販の板チョコ丸々一枚食べてしまった日には、体脂肪が軒並み増えていることでしょう。そんなものを使って一体どのように痩せるというのでしょうか?このダイエット法は、「糖質の多さ」を利用したものです。人間の体は多量の糖が取り入れら...
バナナダイエットで体脂肪率は減る?
今となっては見る影もありませんが、かつて「バナナダイエット」というものが流行りました。ミーハーで飽き性の日本人がいかにも食いつきそうな減量法ですよね。しかし何も知らずに批判をするのもまたおかしい話。今回はバナナダイエットについて、どんな仕組みなのか、実際体脂肪率は減るのか、といったことを書いていこうと思います。まあやり方はとても簡単なものなのですぐ説明は終わるでしょう。朝食にバナナを食べ、その他の食事は好きにしても良い、というもの。それだけで痩せることが出来るというのがテレビや雑誌で言われていた...
ダイエットは辛いもの。「体脂肪を落とすこと」の大変さを受け止めよう。
ダイエットというと身体にとってプラスの行為だと思われがちです。確かに体脂肪を落とすということは健康を維持するうえで大切な事ですが、同時にやり過ぎは負担になるということも忘れないでください。なぜなら「それまで当たり前のように体内に存在していた物質を無くす行為」なのですから。効果がある減量法であればあるほど身体に対する負担というのは増していきます。もちろん標準以上の体脂肪率だった場合にはその負担は潜在化していますが、標準以下になった時は少しずつ顕在化してきます。なので普通よりも痩せたいと望むのならば...
いくらダイエットをしても体重が減らない場合は筋肉が増えているのかも?|体脂肪を簡単に落とすための必勝マニュアル
脇目もふらず、ただひたすらにダイエットを続けてきたにも関わらず、一向に体重が減らないという人はいると思います。身体は確かに引き締まり、細くなっているのに数値に一向に変化がない。これは一体どういう事なのでしょうか?一番考えられる可能性として、「体脂肪が減り筋肉が増えた」というものがあります。日頃からあまり身体を動かさいという人がダイエットのために筋トレやその他の運動を始めると筋肉量が増え、反対に体脂肪が減るという現象が発生します。脂肪の比重は筋肉よりも軽いため、このような現象が起こると当然体重は減...
朝ごはんを食べないと体脂肪がつきやすくなる
減量をしている時というのは一日に摂取するエネルギーを少しでも少なくしようと朝ごはんを果物や飲み物だけにしてしまう人がとても多いです。しかしこれは典型的なダイエット挫折の原因になるので注意が必要です。そもそも朝ごはんを食べないでいると日中身体を動かすための燃料が足りなくなり、いつもよりも体温が低くなり、基礎代謝も下がってしまいます。そしてこれは体脂肪燃焼効率が悪化することを意味します。ただダイエットの効率が悪くなるということだけならばまだ良いのですが、エネルギーが不足するということは脳に回される栄...
消費カロリーと体脂肪の関係
消費カロリーが摂取カロリーを上回ると、体は足りないエネルギーを補填しようと体脂肪を燃やすようになります。これがつまり痩せるということですね。なら摂取するカロリーを徹底的に少なくすればどんどん体脂肪が燃えるのでは?と思うかもしれませんが、実際はそんな簡単にはいきません。なぜかというと、人間には生きていくためにある程度カロリーが必要だからです。ダイエットのためにと摂取カロリーを極端に減少させてしまうと、体脂肪を減らす前に体に不調が現れるようになってきます。だからダイエット中にも一定量のエネルギーを体...
筋トレとジョギング、どちらも体脂肪燃焼には効果がある
減量に運動を取り入れるのは健康的に痩せられるのでおすすめです。しかしながら体脂肪燃焼のメカニズムをきちんと知らないと、たくさん運動をしてもそのダイエット効果は薄れてしまいます。例えば短距離走のように短い時間でエネルギーを出し切るような運動では体脂肪というのは全然燃焼されません。「今ある脂肪を燃やす」という観点においてはジョギングのような長時間行なう運動のほうが向いているのです。なので今すぐ痩せたいのならまずはジョギングを始めるのがいいでしょう。このように書くと、ダイエットに向いているのは無酸素運...
リバウンドによる体重・体脂肪率増加を抑えるコツ
体重と体脂肪率を目標まで減少させることができてもその先にはリバウンドという最後の壁が待ち構えています。それを乗り越えることが出来なければ本当の意味で「痩せた」と言うことは許されません。ではそもそもリバウンドとは一体なんなのでしょうか?普通の人にとっては「ダイエットをする上で邪魔となる現象」程度にしか認識していないかと思われますが、本当は身体にとってとても大事な働きなのです。リバウンドというのはダイエット、つまり「体脂肪率を落とす」という行為によって、身体が「このままじゃまずい」と危険を感じ取るこ...
インナーマッスルを鍛えよう
体脂肪を落とすためにはインナーマッスルを刺激するのが大事です。感覚的な視点で語るとするならば、「インナーマッスル動作に関わる神経を鍛え、そこの筋肉の稼働率・掌握率を上げる」といった感じです。それではインナーマッスルとはどのような筋肉のことを指すのでしょうか?まあ色々な種類があるのですが、メジャーな箇所を挙げるとするならば大腰筋や腸腰筋が該当しますね。特に腸腰筋というのは腰の痛み、腰痛に深く関わる筋肉なので、年齢を重ねている方はきちんとケアすることが重要です。インナーマッスルと聞くとなんか重々しく...
脂肪の種類について
脂肪を燃やすのを助けるには、自分自身がどの程度の脂肪を多く身体に蓄積させているのかを調べる必需が出てきます。脂肪には3つの種類があります。1つ目は皮下脂肪、2つ目は内臓脂肪、そして3つ目が中性脂肪です。これら三種類の脂肪を燃やすことこそがダイエットの目的といってもいいでしょう。そして各々の脂肪には特徴があるので、ダイエットをする際は意識しておきましょう。人間の身体にとっても、かなり肝心なものなのが皮下脂肪です。とはいったものの、やはり脂肪ではありますので付きすぎるのは肥満の原因になるので、ダイエ...
太るのは自分に何かしらの原因があるもの
体の歪みというのはダイエットにとって大敵と言うことができます。そして体が歪んでいるのはほとんどの人間に該当することなので、これを治すことはなかなかに難しいです。なぜかというと、歪みというのは普段の姿勢だったりが間違っているから発生するもので、これを改善するということはつまり普段の姿勢から矯正しなければならないからです。けれどもこのようにダイエットにおいて悪いものだとされがちな歪みですが、必ずしもで悪いというわけではないのです。そもそも人間の体には大小の差はあれど、必ずといっていい程歪みは存在しま...
体重を落とすための食品選び
健康的に体重を落としたいのなら、食事を一切断つような方法や自分にとって無理のある運動をするよりも、少しばかりの食事制限、そしてこれまた少しばかりの運動をするようにしましょう。体重を減少させるためにはカロリーは当然のこと、栄養のこともきちんと考慮して食事をする必要があります。例えば低カロリーで栄養を豊富に含んでいる豆腐や野菜、あと海藻などをたくさん食べるといった具合です。なぜこれらの食品がダイエット向きなのかというと、まず豆腐にはタンパク質を筆頭として、ビタミンなどの栄養が含まれています。おまけに...
ダイエット的にも健康的にもウォーキングは習慣化しよう
ウォーキングという健康にもダイエットにも良い運動は、実のところダイエットに限ってはフォームをしっかりしていないとその効果は激減してしまいます。有酸素運動は体脂肪を燃焼させてくれるという情報はたしかに正しいですが、だからといってだらだらとした締りのないウォーキングをしているだけでは体脂肪はなかなか燃焼されないんですね。きちんと背筋をびしっとし、歩幅は普通に歩く時よりも広く取り、さらに腕を大きく振りながら早足で歩くのです。それがウォーキングのダイエット効果を最大限に引き出すフォームです。フォームと同...
顔痩せのような部分的なダイエットは不可能
食事制限や運動など、ありとあらゆるダイエットをおこなっているにも関わらず、一向に顔のたるみが治らないというのはよくあることだと思います。人間というのは印象のほとんどを顔から判断するので、いくら体脂肪率を落として身体が素晴らしいプロポーションになっていようが、顔が太っていたり二重あごにになっているだけで与える印象というのはだいぶ変わってきてしまいます。なので多くの方は顔を細くしようと色々試すはずです。美顔器を買ってみたり、表情筋を鍛えるトレーニングをしてみたりと。けれども、ただそういった顔やせグッ...

おすすめ商品


2style.net