2style.net




  激安の家庭用蒸留水器!

家庭用蒸留水器は、家電量販店では売っていないようなので、 買うとしたら通販を利用するのがいいと思います。

本サイトでは、通販で売っている家庭用蒸留水器を調べました。

その中で、最も安い家庭用蒸留水器を紹介したいと思います。

ところで、通販で売っている家庭用蒸留水器は、 ほとんどが台湾メガホーム社製の蒸留水器(MH943シリーズ)とディディミ(didimi)の蒸留水器であることがわかりました。

この両者を本サイトで調べた結果、値段が安いのは台湾メガホーム社製の蒸留水器であることがわかりました。

また、台湾メガホーム社製の蒸留水器の中でも、最も安く販売している蒸留水器がわかりました。

最も安く販売しているその蒸留水器を紹介したいと思います。

それは、こちらの商品です。



この商品を欲しいと思う方がいると思いますが、買うのはちょっと待って!

この商品は、値段は安いのですが、気になる点が2つあるんです。

ですので、これからその2点についてお伝えしたいと思います。

1つ目は、電源コードについてです。

台湾メガホーム社製の蒸留水器の電源コードには、ソケット式と、マグネット式の2つがあります。

このうち、蒸留水器本体から外れやすい電源コードは、マグネット式だと思います。

マグネット式の電源コードの利点とは、電源コードを足などに引っ掛けた時にすぐに外れるので、 蒸留水器本体を倒したり、壊したりする場合が少ない点だと思います。

蒸留水器を使用中は、本体内で最大で4リットルの水が沸騰しています。

もしも、その時に蒸留水器のコードに足を引っ掛けて本体が倒れ、 本体内の熱湯が出てきたら大変なことになってしまいます。

熱湯に体が触れて大やけどをすることも考えられると思います。

特に、子供や幼児がいる家庭では危険だと思います。

ですので、蒸留水器の電源コードについては、 安全性が高いと思われるマグネット式の方が断然におすすめです。

ところで、先ほど紹介した最安の蒸留水器は電源コードがソケット式になります。

しかし、先ほど紹介した最安の蒸留水器には、マグネット式のタイプのものがあります。

ですので、この商品を買う場合は、マグネット式を選んだらいいと思います。

電源コードがマグネット式の商品は、 ソケット式の商品に比べて値段が1,000円高くなります。

しかし、安全のためのやむを得ない出費だと思います。

次に、気になる点の2つ目は、本体外部の材質です。

台湾メガホーム社製の蒸留水器の本体外部の材質は、ステンレス製とスチール製の2つがあります。

両者には、どのような違いがあるかといいますと、 錆びやすさの違いがあります。

両者のうち、ステンレス製のものは、錆びづらいそうです。

ところで、蒸留水器を使う場合は、水道水などの水を蒸留水器内の貯水槽に入れる作業があります。

ですので、蒸留水器を使う場合は、水が蒸留水器にかかりやすいです。

水は金属の錆の原因になりますので、蒸留水器の本体外部の材質は、 錆びづらいステンレス製の方がいいと思います。

ところで、最初の方で紹介した最安の蒸留水器の本体外部の材質については、 スチール製になります。

しかし、その蒸留水器は、ステンレス製のタイプのものがあります。

ですので、その蒸留水器を買う場合は、ステンレス製を選んだらいいと思います。

ステンレス製の蒸留水器は、スチール製の蒸留水器に比べて、1,000円高くなります。

ここまでで、最初の方で紹介した最安の蒸留水器の気になる2つの点についてお伝えしました。

それらの2つの点をまとめてお伝えすると、
1つ目は、電源コードはマグネット式の方がいいという点です。
2つ目は、蒸留水器の本体外部の材質は、ステンレス製の方がいいという点です。

ですので、激安の蒸留水器を買いたい場合でも、上の2つの点より、 最初の方で紹介した最安の蒸留水器のマグネット式、ステンレス製のものを選んだらいいと思います。

ところで、商品の値段についてなのですが、 最初の方で紹介した最安の蒸留水器の値段は、28,300円(税込)です。

その商品のマグネット式、ステンレス製のものの値段は、それぞれ1,000円の追加なので、 30,300円(税込)になります。

ところで、最初の方で紹介した最安の蒸留水器のマグネット式、ステンレス製のものは、 こちらのサイトで販売されています。



こちらのサイトで販売されている商品の名前は、「メガキャット」といいます。

メガキャットには、本体上部の辺りの色が黒のものと、白のものがありますので、 好きな方を選べます。

また、台湾メガホーム社製の蒸留水器を買う場合は、付属の水受け用の容器が付いていますが、 その容器には、プラスチック製とガラス製のものがあります。

ガラス製だと値段は3,000円高くなりますが、選ぶことができます。

また、先程のサイトから商品を買う場合は、送料は無料になりますし、 1年間の無料保証が付いています。

メガキャットは、最初の方で紹介した最安の蒸留水器よりも、 2,000円以上高いですが、安く蒸留水器を買いたい方にもおすすめの商品です。

また、台湾メガホーム社製の蒸留水器は、世界40カ国以上での販売実績がありますので、 安心して購入しても問題ないと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ↑


更新履歴
2014/9/27 サイトをインターネットにアップロード。
Copyright (C) 2014 激安の家庭用蒸留水器について!, All rights reserved.