2style.net
2style.net

プラント編紹介

ストーリー紹介

タンカー沈没事件から2年――

事件が起こった現場ではビッグ・シェルが聳え立っていた。タンカーが沈没したせいで漏れた原油を除去する巨大除染施設である。そのビッグ・シェルで事件は起こった。大統領をはじめ、環境保護団体が視察に来たところ「サンズオブリバティ」と名乗る武装集団が襲撃、占拠したのである。なんとそのサンズオブリバティのリーダーはソリッドスネーク。彼は2年前のタンカー沈没事件で死んだはず…。一体どういう事なのか。

視察にきていた数十名が人質となった。彼らの要求は身代金300億ドル。政府はこれに対し大統領の救出のためSEAL10を派遣。さらにFOXHOUNDから一人の男を派遣した。コードネームは「雷電」。そしてサポート役に雷電の恋人ローズが選ばれた。サンズオブリバティはデッドセルとロシア兵で成り立っている。デッドセルはSEAL10を次々と殺害。簡単にSEAL10は全滅してしまった。最後ののぞみである雷電は、爆弾の専門家ピーター・スティルマンやプリスキン中尉の助けもあって、このビッグ・シェルに爆弾を仕掛けたデッドセルの一人、爆弾王ファットマンと対決し、見事勝利する。雷電の次ぎの任務は人質解放。しかし肝心の居場所がわからない。その時だった雷電の前に忍者のような格好をした人物があらわれ雷電に人質の居場所とこのビッグ・シェルについて話した。彼によるとこのビッグ・シェルはただの巨大除染施設ではなく、ここにはメタルギアがあると言う。ここになぜメタルギアが?そんな疑問の中、彼が教えてくれた人質の居場所の情報を信じ、シェル1中央棟に向かった。そこでエイムズとの接触に成功し、大統領の居場所がわかった。

大統領と接触した雷電は新型メタルギアの情報を得る。量産型メタルギアRAYに守られた鉄壁の要塞であり、G.Wと呼ばれる超大規模情報処理システムを搭載している。それがここにあるという。突如現れたオセロットによって大統領は撃たれるが死ぬ間際、アーセナルギアを破壊するウィルスを預け、エマという人物を探せと告ぐ。エマはG.Wのプログラマでオタコンの妹であった。プリスキン中尉と偽って潜入していたスネークとオタコンの目的はエマを救出する事だった。雷電は途中、ヴァンプの妨害もあったが無事エマを保護、救出に成功した。
しかし安心したのもつかの間ヴァンプが再び現れエマに致命傷を与える。エマは最後の力を振り絞ってウィルスを起動、そしてオタコンの前で静かに息を引き取った。しかしウィルスは完全には効かなかった。もう残された手段はソリダスを倒すしかない。
スネークはわざと捕らわれてアーセナルギアの中に侵入するという妙計で雷電は侵入に成功。そこでソリダスと対峙する。

「久しぶりだな…切り裂きジャック…」

雷電は忌まわしい過去の記憶がよみがえってきた。内戦の日々、ソリダスから訓練を受け、AKを握らされ戦いにくれる毎日。そして周りから白い悪魔と呼ばれ恐れられていた。
雷電は過去の辛い記憶を断ち切るべくソリダスをこの手で倒す事を決意した。

忍者の格好をして幾度も危機を救ってくれたオルガによって拘束を解かれた雷電はスネークと合流し、アーセナルギアの最深部へと向かった。しかし大佐の様子がおかしい。オタコンによると大佐はG.Wが作り上げたものだった。混乱の中デッドセルのリーダー、フォーチュンが現れた。雷電はフォーチュンから挑戦を受けたスネークを残しソリダスの元へ進んだ。そこで衝撃の事実を知らされる。物語と役割を与えることで人為的に最強に戦士を作るというプログラム、S3計画。そのサンプルが雷電だった。ソリダスそう言った後メタルギアRAYを起動、次々に雷電を襲っていく。
いくら倒してもメタルギアRAYは次々に現れ襲ってくる。きりがない…そう思った時、雷電の前にオルガが現れた。実はオルガは愛国者に子供を捕らわれていて雷電をサポートする事を命令されていた。そして雷電が死ぬことがあれば自動的にオルガの子供も殺されることになっている。オルガは少しでも子供を生かすべくソリダスに戦いを挑み、殺された。その時、エマのウィルスが効きはじめメタルギアRAYがソリダスに攻撃した。ソリダスは残りのメタルギアRAYを一瞬で破壊した。

衝撃で気を失っていた雷電が目を覚ますとそこにはフォーチュンに捕らえられたスネークとオセロット、ソリダスがいた。愛国者の手先であったオセロットはフォーチュンを殺害。その時だスネークの存在が覚醒を呼び、オセロットはリキッドに体を支配された。リキッドは愛国者を葬りに行くとメタルギアRAYに乗り込み愛国者のもとへ向かった。スネークはリキッドを追い、海中へと消えた。アーセナルギアはソリダスと雷電を乗せニューヨークのフェデラルホールに激突した。G.Wの大佐は雷電に語りかける。実はS3計画は雷電を試したのではなくG.Wだった。雷電という存在が現れた時どうなるかを試していたのだ。大佐は雷電にこう言った後、最後の命令を告ぐ。ソリダスを倒せ。

雷電はソリダスを倒すしかなかった。激戦の末立っていたのは雷電だった。日があけ、人々が騒ぎはじめるなか雷電は自分に問いかける。

「俺は誰なんだ…」

その時、雷電の前にスネークは現れた。

「たしかに今回お前が何かを選ぶ事は無かったかも知れん。だがその間にお前が考えた事、感じた事はお前自信のものだ。それをどうするかはお前次第。」

雷電は決意した。自分の名前も次ぎの世代に伝える事も自分で決める。スネークは愛国者の居場所がわかるフロッピーを手に愛国者からオルガの子供を助けに行くと消えた。雷電は群集の中ローズを見つける。
情報
・発売:2001年 11月29日
・対応機種:PS2
・値段:7800円
・特徴:PS2にMGSが登場。PSからPS2になってよりリアル度が増した。またアクションも色々追加し、新たに今回からドッグタグが登場した。だがタンカー編はスネークが主人公だが短かすぎて、プラント編の雷電の方がメインになってしまった、またデモが長すぎる場面も多くファンからは不満の声が。。
参考文献:メタルギアソリッド2完全公式ガイド〜エキスパートファイル〜