2style.net
2style.net

メタルギア2紹介
ストーリー紹介

世界はエネルギー不足の危機に迫っていた…。しかしそんな中チェコの生物学者キオ・マルフ博士が「オイリックス」という高純度の石油を精製する事ができる微生物を発明。人々は大きな希望を抱いた。世紀の発見に歓喜するのもつかの間「オイリックス」の生みの親マルフ博士が何者かに拉致され、行方不明。調査の結果ひとつの名前があがる ……『サンジバーランド』

それは中央アジアの民族自治区に突如出現した民族主義的軍事政権だった。世界各国から傭兵を集め、また国土の大半を要塞化。そして『サンジバーランド』は独立を宣言。武装要塞国家との異名も得る。また『サンジバーランド』は核武装もしているとの情報も入ってきた。 事態は重大な事になってきた。『サンジバーランド』は『オイリックス』を手中にし核をも持ち、世界の中でも経済的・軍事的優位の確保を目論んでいるのだった。事態を憂慮した某政府はハイテク不正規部隊FOXFOUND総司令官ロイ・キャンベルにマイフ博士の救出を命じる。キャンベルはこの任務をある男に命じる…。 その男とは今はFOXFOUNDの隊員ではないが、不可能を可能にし、『アウターへブン』を破壊した男…そうソリッド・スネークである。キャンベルはこの男を呼び戻し、マルフ博士と『オイリックス』の奪還を依頼。

「キミの任務は、ザンジバーランドに拉致されているチェコの生物学者キオ・マルフ博士を奪取することだ」

スネークの潜入する中、協力者を得る。ジャーナリストを装い潜伏していたCIAの工作員、ホーリー・ホワイト。マルフの博士の護衛であり救出すべく潜入していたナターシャ・マルコバァ。そしてもう一人意外の人物が…『アウターへブン』でメタルギアを開発していたペドロヴィッチ博士…。彼もマルフ博士と同様、ザンジバーランドに拉致されて再びメタルギアの開発を強要されているとの事。驚くスネークに博士はさらに衝撃的な発言をする。それは『アウターへブン』で倒したはずの男、ビッグボスが『ザンジバーランド』の総指揮者というものだった。 ナターシャの協力で、ペドロヴィッチ博士を救出に成功。スネークはマルフ博士を救出するべく『ザンジバーランド』の奥へと進む。スネークの前に吊り橋が現れた。ココで悲劇が起きるのである。橋をペドロヴィッチ博士が渡り、次にナターシャが渡ろうとした瞬間、どことなくミサイルが飛んできてナターシャを直撃。橋と彼女を吹き飛ばした。スネークは呆然とするしかなかった。そんなスネークに聞き覚えのある声が響く。

「どうだ、スネーク。昔のよしみだ。ここは見逃してやってもいい。さっさと立ち去れっ!」

フォックスだった。そうFOXHOUND時代の戦友。グレイフォックス。フォックスはメタルギアに乗っていた。スネークは言い返す。

「フォックス!俺は絶対諦めんぞ!」

スネークは『ザンジバーランド』の傭兵との激闘の末、収容所にたどり着いた。が、間に合わなかった…。心臓に持病を抱えていたマルフ博士は数々の拷問に耐える事が出来なかった、っとペドロヴィッチ博士が言う。だがその時ホーリーから無線が入る。実はペドロヴィッチ博士は以前からザンジバーランドに出入りしていてメタルギア開発を進めていたのでる。さらにマルフ博士の誘拐もペドロヴィッチ博士の計画だったのであった。真相を暴かれ襲い掛かってくるペドロヴィッチ博士を一蹴りし、スネークは収容所を後にした。脱出を試みるスネークの前にまたもやあの男が現れる。グレイフォックス。地下基地内で2人の男は戦った。そしてスネークはメタルギアを破壊した。が、フォックスはこんなものでは終らない。フォックスはスネークに最後の戦いを挑む。 二人は地雷原の中で素手で殴りあった。二人は激しく戦う。しかし二人にとってそれは心地よい時間だった。この純粋な戦いを打ち破ったスネークは宿敵ビッグボスとの戦う事になる。『アウターへブン』の時と同じようにスネークを待ち受けていた。

「戦闘の緊張感を知った物は、二度と戦場から離れられない。自分はお前達がただひとつ生き甲斐を感じる物を与えてやったのだ。」

と言ったビッグボスにスネークは吼えた。

「俺の闘いはただひとつ……貴様から自由になるため、悪夢を払うために。ビッグボス……貴様を倒す!!」

二人の男達は再び戦った。二度目の戦いを終え、ホーリーと共に救援ヘリでザンジバーランドを後にするスネーク。しかしスネークの頭にはビッグボスの最後の言葉が脳裏に焼きついていた。

「どちらが勝っても我々の闘いは終らない。敗者は戦場から解放されるが、勝者は戦場に残る。そして生き残った物は死ぬまで戦士として人生を全うするのだ」

スネークは一人、アラスカに消えた。

情報

・発売1990年 7月20日
・対応機種:MSX2
・価格:7800円
・特徴:この作品で初めてホフクでの移動、相手の顔が見える通信画面になった。また敵兵の視界が45度になり、敵兵の位置を表示するレーダーが登場。さらにイベントや会話などが大幅に増えストーリーもよく仕上がっている。完成度の高い作品だ。 。
参考文献:メタルギアソリッド2完全公式ガイド〜エキスパートファイル〜