==== 国際ノンルーフ楽団 の 歩み ====



2003年 9月上旬 松井あきのり&やまちぃ により旗揚げされる

松井「楽団作りましょう!」
やまちぃ「おう!やろやろ!でも、楽団って、バンドとどう違うの??」

・・・こんな会話から、『国際ノンルーフ楽団』の歴史は幕を開けた。。。

2003年 9月中旬 まみきゅ・山田亜矢子 スカウト入団。
が、不覚にも、二人ともボーカリストだった。(・∀・)アレ?

2003年 9月下旬 幸 スカウト入団。
またまた不覚にも、ボーカリストをスカウトしてしまったため、
ベースを弾いてもらう。

2003年 10月上旬 楽団ストリートライブを客として見に来ていた、さすくん をスカウト。
返事を聞く前に入団決定。

幸の紹介で、直弥 入団。
未婚だし、子持ちでもないが、団員から「パパ」と呼ばれる。

2003年 11月上旬 こずゑ師匠 誰も気付かない間に入団。
世間知らずだが、愛嬌で社会の荒波を乗り切る。

2003年 12月下旬 団員も増えてきたので、そろそろ同時に路上ライブが出来なくなる。
これを機にユニット制導入。(ハロプロ制)。

2004年 1月上旬 ということで、ユニット誕生。
夕暮れブリキ、THEスペアリブ結成。

2004年 1月下旬 まりこ ドラフト入団(スペアリブ 一位指名)。

藤田さ→とし 団長と出会い系サイトで意気投合し入団。
コワモテではあるが高学歴。

2004年 2月上旬 スプーンタップ結成。
ようやく楽団っぽくなってき始める。

2004年 2月下旬 オレンヂ☆パラシュート 楽団に参加。
もっと楽団っぽくなってき始める。

2004年 4月上旬 やまちぃ企画、楽団花見大会開催。
その宴で山下将宏と白旗が入団表明。
松井は夏にバーベキュー大会開催決意。

2004年 4月中旬 松井&さと→し、FM三重で二週にわたりさゆりんと共演。
さと→し、生さゆりんに涙。

2004年 4月下旬 ノン楽スカウトマン、大物外国人獲得にのりだす。そして…
トムそん&ポー(親指族)入団。大物ではあるが外国人ではない。

岩田智絵 最年少入団。才能と若さにノン楽年輩組 嫉妬。

さと→し、生さゆりんにいまだ涙。

2004年 5月上旬 岩田智絵の同級生 河合歩美 入団。またまた年輩組 嫉妬。
「…か、かわいい。」松井。

apple cherry blossom結成。

2004年 6月5日 国際ノンルーフ楽団ワンマンコンサート「雨にも負けず、風にも負けず。」開催。

2004年 6月中旬 みきこ 入団。
妖精ボイスに楽団男性陣うっとり。

2004年 7月上旬 まりこ(通称メリコ)楽団内ブレイク。

2004年 7月中旬 国際ノンルーフ楽団バーベキュー大会「まみきゅのバベキュ」開催。
大自然の中で飲んで食って歌って踊る。そして雨に打たれる。

2004年 8月中旬 apple cherry blossom 「りんごまぢっく」に改名。

2004年 8月下旬 国際ノンルーフ楽団京都路上ツアー開催。
古都の雰囲気に酔いしれる。そしてもっと強い雨に打たれる。
スプーンタップ、夕暮れブリキライブできず、さと→し機嫌をそこねる。

2004年 9月上旬 親指族 東名路上ツアー敢行。
やっぱり雨に打たれたりする。

2004年 9月上旬 国際ノンルーフ楽団2ndワンマンコンサート「楽欲の秋」開催。

2004年 9月下旬 韓流ブームということで?韓国人のgansu入団。
みんなから痩せ過ぎだと言われるが、「着痩せです」と言い張る。ちなみに更に最年少更新。

あ、国際ノンルーフ楽団ついに国際化。

2004年 10月上旬 国際ノンルーフ楽団・汗っかきクラブ設立。
メリコ(まりこ)汗っかきクラブ部長に就任。

2004年 11月下旬 ふれあいモールでキーボードを担いで歩いていたsinをスカウト。入団決定。
口癖は「マジっすか?」。至るところに空いているピアスに松井ビビる。

2004年 12月中旬 国際ノンルーフ楽団3ndワンマンコンサート「ハッピー!メリーコミマス!」開催。

ばじこ ノン楽初のイラストレーターとして入団。
スプーンタップの『頬に花を』のジャケットを手掛ける。

2004年 12月下旬 エノキ 入団。ラグビー部主将の肩書きを持つ、体育会系ナイスガイ。
高2とは思えないほどの礼儀正しさに松井、やまちぃ感涙。

直 入団。gansuとのユニット「そら」の相方。
パペットマペット風に自己紹介したが笑い取れず。

同時に「そら」 楽団参加。

2005年 1月下旬 欄田カラス 入団。

2005年 2月上旬 あやか 入団。
楽団プリティー戦線に参戦。

2005年 2月中旬 国際ノンルーフ楽団ワンマンコンサート♯4「バレンタイン報告会」開催。

2005年 2月下旬 ashu&YUKI(chuchu’) 入団。松坂出身の二人。ノン楽遂に松坂進出。

服部 入団。下の名前を表記しないある意味大胆な服部。

2005年 3月上旬 スプーンタップの「こんな僕とこんな君とこんな日々」着うた着ムービー配信。

2005年 3月中旬 スプーンタップの「こんな僕とこんな君とこんな日々」収録の「ツツウラウラ」CD全国発売。

2005年 3月下旬 はっし〜&まいける(brother chip) 入団。愛知出身の実力派ユニット。
楽団に新たな風…。

まりこ「メリコ」に改名。

りんごまぢっく主催、国際ノンルーフ楽団コンサート「りんご記念日」開催。

2005年 5月中旬 静岡在住、ブラジル生まれのロディー・サンジ入団。もっともっと国際化。

2005年 5月下旬 国際ノンルーフ楽団コンピレーションアルバム「ONE COIN」発売。
同時に、国際ノンルーフ楽団無料ワンマンコンサート♯5「感謝」開催。
いろんな方々の協力に感謝。

2005年 7月上旬 最近よく現れ宇多田ヒカルの「first love」を熱唱していた優葵 入団。

2005年 7月中旬 MACKのバックグラウンドボーカルとしても活動しているCHIKAKO 入団。

りんごまぢっく フリーペパー「YOUTH!!」の表紙を飾る。

2005年 7月下旬 国際ノンルーフ楽団バーベキュー大会「まみきゅのバベキュ2」開催。

2005年 8月上旬 大四日市祭りにて「大ノン楽祭り」勝手に開催。

2005年 8月下旬 スプーンタップ着うた「うとうとハーブティー」全機種対応配信。

2005年 9月下旬 gansuからの紹介で早織 入団。温厚な人柄フォー!

国際ノンルーフ楽団スペシャルフェイスタオル(CD付き)発売。

2005年 10月上旬 秋の四日市祭りにて「秋のノン楽祭り」勝手に開催。
国際ノンルーフ楽団浜松ツアー開催。

2005年 11上旬 brother chip シングルCD『小さな贈り物』発売。

2005年 11月下旬 マゼンタブランコのちいこ 入団。オレ☆パラとの共演をきっかけにスカウト。

ゆか 入団。またまた現役女子高校生の入団ヾ(≧∀≦*)〃

brother chip 『ヤング・ミュージックフェスタ2005』にてグランプリ受賞。

2005年 12月下旬 欄田カラス「LanChang」に改名。

ウィスパーボイスの歌姫、岩崎千恵 入団。

2006年 1月上旬 スプーンタップとメリコが中日新聞「四日市ホームニュース」に同時掲載。

2006年 2月上旬 超期待の新人 岩崎禎正&前川秀太(L) 入団。現役高校生。

2006年 3月上旬 みきこ。アルバム『berry funk*』発売。

2006年 4月上旬 国際ノンルーフ楽団 若手スプリットCD「young leaves」発売。

2006年 4月下旬 オレンヂ☆パラシュート ミニアルバム「四つ葉」発売。

2006年 5月下旬 スプーンタップ1stアルバム「軽トラロマンチックドライブ」世界に向け発売。

2006年 6月上旬 国際ノンルーフ楽団関東ツアー開催。うん、もちろん雨に打たれる。

2006年 7月上旬 FMポートウェーブ「 国際ノンルーフ楽団 屋根のない音楽室」放送開始。

樋口アツシ 入団。超大物獲得!やった!

2006年 7月下旬 だいじー&希江(LOVER SOUL) 入団。久々の歌姫!

2006年 8月上旬 早織 「サクラ咲く季節」発売。

岩田裕貴&鷲見公寛(レッドゴール) 入団。…おい!中2だってさ!
おもいっきり最年少更新。

2006年 8月下旬 「浜園ミュージックコンテスト06」を主催。

オレンヂ☆パラシュート ワンマンライブ敢行。

2006年 9月上旬 今西友起 山際、山下、松井の度重なるスカウトで口説き落とし入団。

2006年 10月上旬 フラダンスグループのHoney Flowers 入団。楽団アロハブーム到来??

2006年 10月中旬 国際ノンルーフ楽団設立3周年記念イベント『NONROOF 3th anniversary live』開催。

今西友起 ミニアルバム先行シングル『赤い花』リリース。

みんなの兄貴的存在である渡部裕也 遂に入団。

gansu 副団長就任。

2006年 11月上旬 gansu 『音楽甲子園2006』決勝大会にて銀賞受賞

2006年 11月中旬 水谷よしゆき 入団。男の中の男。

咲紀&涼子(ぽち) 入団。現役女子高生(またまた桑名西)ユニット。

2006年 12月中旬 今西友起 1stMiniAlbum「箱の中の猫」リリース。

2006年 12月下旬 ノンスト〜歳末スペシャル〜 開催。

2007年 1月下旬 四日市発CREATIVE FREE MAGAZINE「ノンルーフ」創刊。
このフリーマガジンで四日市をアートな街に!

2007年 2月中旬 音空間プロデュースチームFM音屋台が
「サンドイッチバイキングのFM音屋台添え」の音空間をプロデュース。

それに伴い、みずたにまさひろ 楽団初のラジオDJとして入団。

2007年 2月下旬 朝日新聞に 楽団の記事が掲載。
団長・松井が感動。

2007年 3月上旬 実力派ユニットYellow Soul 入団。楽団に新たな風を吹き込む。

2007年 3月下旬 国際ノンルーフ楽団浜松ツアー開催。

楽団初の詩人ae96 入団。

Altz 入団。里奈と理絵のギリギリ女子中学生ユニット。

りんごまぢっく 審査を勝ち抜きFM三重『SOUND JUNK Indies Scramble』公開収録イベント出演。
当日の驚愕のCD売上は楽団の伝説となる。

2007年 4月下旬 イラストレーターのきいろマシン 入団。音楽以外のクリエーター急増中。

2007年 5月上旬 四日市発CREATIVE FREE MAGAZINE「ノンルーフ」Vol2発行。

2007年 5月中旬 万古祭にて二日間に渡り楽団イベント開催。

2007年 5月下旬 三重県最大級のフリーペーパー「RAKU」の 一面に楽団記事が掲載。

2007年 6月上旬 どうしても伝えなきゃいけない唄がある…!
楽団初のコンセプトCD『水谷よしゆき/海に咲いた花達』リリース。
三重県最大級のフリーペーパー「RAKU」に 関連記事が掲載。

樋口アツシ NEWCD『樋口コンセント・1/a day in a life』リリース。

2007年 6月下旬 希江&加奈によるピアノユニット、Dearest 入団。

2007年 7月上旬 イラストレーターの日置沙織 入団。待望の?不思議系キャラ。

岡島大 入団。要注目の高校生実力派アーティスト。
岡島大 オーバーレコード主催ライブコンテスト『ライブウォーズ』にて最優秀賞受賞。

2007年 7月中旬 国際ノンルーフ楽団 (超)若手スプリットCD「young leaves2」発売。

2007年 8月上旬 東海経済新聞に 水谷よしゆきの記事が掲載。

そして水谷よしゆきの「海に咲いた花たち」が
FMポートウェイブの8月上旬パワープレイナンバーに決定。

2007年 8月中旬 津を中心に全国で精力的に活動する夏川ハルヲ 入団。

brother chip 1stアルバム『Harmony Town』リリース

2007年 8月下旬 三重県最大級のフリーペーパー「RAKU」の一面に レッドゴールの記事がが掲載。

「浜園ミュージックコンテスト06」を主催。
水谷よしゆき 準グランプリ受賞。
岡島大 審査員特別賞受賞。


四日市発CREATIVE FREE MAGAZINE「ノンルーフ」Vol3発行。

2007年 10月上旬 路上詩人じゅん 入団。松阪で活動する書家詩人。

2007年 10月下旬 四日市発CREATIVE FREE MAGAZINE「ノンルーフ」Vol4発行。

2007年 11月上旬 春唄 入団。またまた松阪出身の腰が低すぎるところが魅力の男性デュオ。

2007年 12月上旬 スプーンタップ初の海外ツアー敢行。

三重県最大級のフリーペーパー「RAKU」の一面に スプーンタップ台湾ツアーの記事がが掲載。

2007年 12月中旬 夏川ハルヲの紹介で女性デュオ、ひよっこ 入団。あ、また松阪の人。

2007年 12月中旬 ノンスト〜歳末スペシャル〜 開催。

早織 シングル「ラッキーDAY!!」リリース。

2008年 3月下旬 国際ノンルーフ楽団 解散。

2008年 4月上旬 NONROOF RECORD設立。四日市にさらなる衝撃的な音楽シーンを。


 やる気のあるメンバー、スタッフ募集中



2style.net