保健師の就職先

保健師のおもな就職先は、病院はもちろんのこと、各自治体における保健所、保健センターなどの行政機関や民間企業、事業所、大学などです。
ちなみに平成18年末時点で就業している保健師は日本全国で約4万だそうで、その内訳は、各都道府県保健所で17.9%、市町村で58.4%となっています。
この数字から、約80%の保健師が何らかの形で行政機関に就職し、残りの20%の保健師は、病院や企業等で働いていることがわかります。


保健師の給料

保健師の給料って大体どのくらいが相場なのでしょうか。
それはどのような形で保健師をするかによって、差が出てくるようです。
保健師には地域の保健師、産業保健師、学校保健師など様々な種類があり、その種類によって公務員に該当するケースもあれば、民間企業に勤務するサラリーマンに該当するケースもあります。

公務員として保健師になった場合をみてみましょう。
仕事につく地域によって、行政職の給与体系の対象になったり医療職の給与体系の対象になったりするようですが、たいていの場合は初任給で20万円前後のようです。 ボーナスは、公務員であれば都道府県や市町村の職員とすると、1年間で数か月分の期末手当が支給されます。

また産業保健師として企業に就職した場合は、正社員であれば初任給で22万円から27万円といったところになります。派遣やパートであれば、2,200円程度というのが一般的な時給のようです。 産業保健師としてのボーナスについては、その企業によって様々のようです。



スペック項目の説明
2style.net