韓国語講座

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

韓国語の勉強法

韓国語勉強のやり方で、最も安上がりで効率的なのが、NHKラジオとテレビのハングル講座を使って勉強することです。テキスト、音声CDも安く売られていますし、わかりやすく楽しんで学べるように工夫されています。以前、韓流ブームを巻き起こした韓国のドラマや韓国人歌手の歌を使って韓国語勉強をするのも、好きな人にとってはいいと思います。字幕なしで意味がわかるようになってきたら、韓国人俳優になったつもりで、韓国語のセリフをいってみましょう。経済的に余裕があるようなら、週一回くらい韓国語教室に通うのも効果的です。挨拶や簡単な韓国語を覚えたら、韓国人のいる焼肉屋さんなどで積極的に使ってみるといいかもしれません。

日韓交流会で韓国語を勉強する

日韓のメル友サイトや日韓交流会などで、韓国人の友達を作るのも、韓国語勉強のやり方のひとつです。独学で韓国語を勉強していると、どうしても続きにくいですが、実際に韓国人と友達になれば韓国語を勉強するモチベーションもあがるでしょう。韓国人とメールのやり取りや文通をすれば、韓国語での作文力がつくと思います。韓国語で日記を書くというのも、作文力をつけるにはいい方法ではないでしょうか。ハングル語の検定試験を受けて、自分の学習レベルを客観的にみてみるのも、励みになるかもしれません。韓国語をマスターするには、ちょっとの時間でもいいから、なるべく長くコツコツ続けることです。今は韓国旅行も安くなっていますから、実際に韓国に行ってみるのも、韓国語勉強のいい刺激になるでしょう。

韓国語の発音

韓国語発音の仕方は、ハングル反切表(パンジョルピョ)で覚えるといいでしょう。ハングル反切表は、別名を「カナダラ表」といい、日本の「あいうえお表」にあたります。ハングル文字は、暗号みたいにみえますが、基本的にはローマ字と同じような構造で、一度、その原理を理解してしまえば、覚えるのは難しくありません。

韓国語の難しい発音

韓国語の発音の仕方で、日本人にとって壁になるのは、二重母音とパッチム(終声)、平音、激音、濃音です。韓国語の発音には、日本語にはない発音がたくさんあるので、慣れるまではたいへんかもしれません。特に、パッチムは閉鎖音、鼻音、流音を合わせて、全部で7つもあります。パッチムは韓国語の中では重要な役割をしている上、続く音によって発音が変わってしまいますから、韓国語初心者のうちは、単語の発音の仕方と表記法をそのまま覚える方がいいでしょう。韓国語の発音の仕方を勉強するときは、韓国語の参考書や韓国語の学習用CD、またはDVDなどで正しい発音のやり方と音を何度も確認する他に、自分がちゃんと発音できているか、録音してチェックする必要があります。自分では発音できていると思っても、客観的にきいてみると、案外できていなかったりするものです。変な癖がつく前に、きちんとした発音を身に付けるようにしましょう。韓国語の発音の仕方は、初心者が挫折しがちなポイントでもあるので、独学でできないようなら、韓国語教室などに通って身に付けるのもいい方法だと思います。

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム

韓国語講座 韓国語で会話しよう!メニュー

韓国語講座 韓国語で会話しよう!リンク

2style.net