たまに、 それでこそ最近は減ったけど、それでもたまに、彼女は不安定になるようだ。

「翼さん」
「なに?」
「どうして翼さんはいまここにいるんだろうね?」
「は?」
「なんで翼さんが一緒にいるのがあたしなんだろう」
「…」
「もっとね、翼さんだったら、いっぱい選択肢があるじゃんかって思ったの、あたしじゃなにもできないんだよ?寄っかかって甘えてばっかでなにも、なにもできないのに、それなのにどうしてあたしの傍にいてくれるの?」
「…譲」
「違うの、あのね、そういうことが言いたいんじゃないんだけど、なんだろう、あたし翼さんのお荷物になりたくないんだよ。ちゃんとここには愛があるの?翼さん、責任感とか感じて一緒にいる?あたしは翼さんの未来を潰してない?あたしが枷になったりとか、」
「…その辺で止めといたら?」
「翼さん、やだ、ねえ、こわいんだよあたし」
「、」
「だいすきなんだよ、離れたくないの、だけど、でも、このままでいいの?翼さんは後悔しない?あたしがいなければもっとこうできたかもとか、そういうね、 っ!!」

ぎゅう

「あのね… じゃあひとつ聞くけど、お前は今俺がここからいなくなったらどうするつもりなの?電気もつけない部屋でひとりで隅で蹲って、あーだこーだ言いながらぴーぴー泣くわけ?そんなのを見捨てられるほど俺は酷い人間じゃないし、そもそもね、それが譲だから俺は今ここでこうしてるの、わかんないの?」
「でも、」
「譲には俺が同時にいろんなことができない人間に見えてるの?」
「…え?」
「俺はね、お前が思ってる以上にきちんと考えてるから。自分の将来も、譲との将来も。どれかを蔑ろにするつもりなんて微塵もないし、どれも掴めるって確信してるからこうしてここにいるわけ。それこそこうしてぼろぼろになってる譲をひとりにするほうが後悔すると思うんだけど」
「………」
「…あんまり恥ずかしいこと言わせんな。俺もお前も、ちゃんと互いを欲してるからここにいるんだろ。責任感…は、ないとは言い切れないかもしれないけど、もっと大事な前提があるから。少しは周り見ろよ。お前の目はなんのために付いてんの」
「 うん、…うん、」
「ここにいるから。どうしてほしいの」
「……ちょっと、だけ、泣くから、見ないで」
「はいはい」


涙に濡れる指先
( ない脳みそで考えるだけ無駄なの。はい、泣き止んだらさっさと寝る。 )

2style.net