男性不妊要因 TOP

男性不妊要因

「男性不妊要因」とは?

男性不妊の原因には以下のようなものがあります。
■造精子機能障害
睾丸でつくられる精子の数が少ない(精子減少症、乏精子症)、まったくない(無精子症)、運動率が低いといった傷害です。
■性交傷害
性交がうまくいかず、精子を女性に能力が欠けている場合です。
■インポテンツ
心因性によるものが多いですが神経や血流の異常、事故による脊髄損傷などの原因の場合があります。
■精官通過傷害
精子の通り道である精管が、何らかの原因で閉鎖されているものです。
睾丸の組織学的検査で造精能力を調べたり、精官造影法によって傷害がどこにあるかがわかります。

本サイトではこれらの “男性不妊の要因になりうるもの”として指摘されている、生活習慣・事柄などを紹介しています。
こういったものを少しずつ排除したり、注意したりすることで、自然に、精子の状態がよくなったり、性機能が回復したりすることもあるのではないかと思っています。

「男性不妊要因」の口コミ

口コミ1

男性不妊の症状と原因が何であるかによって薬は違ってくると思いますが、虚弱的な症状であるのなら、補中益気湯が効くと思います。

口コミ2

「おたふく風邪は精子に影響を与える」と一般に言われていますが、最近では「影響は与えない」という説もあるんですよ。

口コミ3

重度の男性不妊の場合、投薬等では正常レベルの精液所見に改善することは殆どできません。

口コミ4

高熱が原因で睾丸炎・副睾丸炎を起こした場合は、既に出来ている精子のみならず、精巣の造精機能自体に障害を生じますので、その後に男性不妊となるケースがあります。

口コミ5

染色体の異常による男性不妊の場合、薬による治療の効果は残念ながらあまり期待できないようです。

口コミ6

男性の不妊要因は「精子」の一点だけです

でも、不妊治療はなんだか恥ずかしいし治療費も高い、
そんなアナタへ自宅で出来るおすすめ不妊改善法があります。
私もこの方法を最もおすすめしています。



自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック



2style.net