超短編寄せ集め

ってなんだっけ〜





「僕最近思うよ」
「恭弥?」
「僕ね、みたいな妹がほしいらしい」
「うわっ、ちょ、引くよ!」
に毎朝起こしてほしいし、たまに朝食だって作ってほしい」
「はぁ、(家政婦か!)」
「学校行く時はいってらっしゃいって言ってキスしてほしいし」
「(…妹に?)」
「ていうかいつも一緒にいてほしいなって」
「あのう、それってもしかして」
「何?」
「妹じゃなくて嫁の間違いじゃないんでしょうか…」
「そうなの?」
「じゃあ恭弥は妹にキスしてほしいの?」
ならなんでもいいよ」
「…じゃあ妹より嫁希望で」
「喜んで」


(あれ結局それが狙い?)(0924)(雲雀はちょっと天然が入っててもいいと思います)









「残念ながら、僕は今日旅に出ます」
「え、何で急に」
「私用でイタリアへ行かなければならなくなりました」
「なら、私も行く」
「それは出来ません、とても危険ですから」
「自分の身くらい自分で守れる、」
には危険過ぎます つれていくことは出来ません」
「……」
「分かって下さい いつか戻ってきますから」
「いつっていつ?何時何分、地球が何周回った日?」
「まだ分かりません」
「そんな曖昧なこと信じられないよ!」
「…じゃあ、が好きな人は誰ですか?」
「…何が言いたいの?」
のことを忘れないように、その答えをずっと覚えています で、誰なんです?」
「…む・く・ろ!私の目の前にいる変態!」
「これでもう忘れません、信じて下さい 僕は必ずのもとへ戻ってきます」
「戻ってこなくて結構よ!」
「まあそんなこと言わずに、」


(コイツ一週間後に帰ってきやがった!ちくしょう!だけど好きよ!)(0924)(最近むくちんの暗いのしか浮かばない…)









「ね、恭弥!」
「…何」
「これ見てよ、『牛乳プリン』と『ミルクプリン』だって」
「パッケージ以外一緒じゃん、」
「これについてどう思いますか」
「牛乳プリンの方がおいしそうかな」
「ミルクプリンは新しさが感じられるけどね!」
「牛乳プリンは昔ながらっぽいしね」
「ていうかさ、プリンには元々牛乳入ってるんだから態々表示しなくてもよくない?」
「普段よりも牛乳が多いから表示してるんだよ」
「じゃあ牛乳でいいじゃん!プリン要素少ないんだし」
「残されたプリンの気持ち考えてあげなよ、ていうか牛乳じゃ液体じゃない」
「だけど牛乳の味じゃん」
「微かにプリンの味がするんだよ」
「じゃあプリンでいいじゃん」
「あのねぇ、
「何よ」
(この後延々と続く)(結果、おいしいんだからいいよねに落ち着く)


(くだらない空間の中の幸せ)(0924)(ノンフィクション!友達と語り合いました)










「なんですか骸さん、私今月9見てるんですけど、あっ!亀が伊東とキッスゥゥ!やめてェェェ!」
「ちょ、僕のことも気にして下さいよ」
「あー今無理っぽいです、あっ!手繋ぐなァァ!私の亀がァァア!」
「(プチン)(ポチッ)黙って下さい」
「あの、いいところなんで消さないで下さい」
「僕、に前々から言いたいことがあったんです、ていうか無断で僕のテレビ見ないで下さい」
「むくちんのけち!死ね!」
「死にませんよ!電気代取りますよ!」
「もし取ったら骸さんだけハブって他のみんなと海行くからいいもん!」
「僕だけハブるのはやめて下さい」
「じゃあ電気代取らないでよ」
「テレビ見なければいいだけじゃないですか」
「見ないとつまんないよ!」
「僕がいるじゃないですか、そろそろ僕の気持ちも考えて下さい」
「じゃあ今度DSライト買ってよ…」
「いいですよ、その代わり僕の言うことも聞いて下さい」
「うん、分かった(うわマジで買ってくれるよ!)」
「言いましたね?じゃあ手を繋いで店まで行きましょう!ほらっ!」
「……(やっぱり変態だ!)」

(振り回したり、振り回されたり)(0925)(彼女に振り回されるむくちんが書きたかっただけです)

2style.net