他の男と一泊


夏の大三角形が見られるのよーん。旅行に行きたいのだということ、誰と行くのかと言われてアタシは正直に答えた。信じたくて愛を取り戻したわくて、だけどその度にぃ〜、ンもうダメなんじゃないかと思って沈んでぇ〜、ンもう何なのよぉ、もぉ〜もかも忘れていたくて、アタシは鳴海くんの世界に惹かれていったわ。それしか言わなかったわ。好きにすれば〜いいんじゃないか」アまりにもおバカおバカしいと思ったのだろう、夫は投げやりに答え新聞を広げたの〜。 素直に聞きいれながらも、鳴海くんと一線を引かれてしまった寂しさも否めないわ。夕方まで返事をちょうだいと言われ、ケータイを終わらせてテーブルに置いた。だけれど行ってみたいのよ。「秋月さんと」とゆ〜よねェ〜と、思った通り、夫は渋い顔をしてちょーだいアタシを見つめた。普通の感覚からしてちょーだい、他の男と一泊をしてちょーだいきてもいいか? と、夫に訊くことなど。 今、彼を完全に巻きこんでしお待ちいるわ。それも想定内だったのよ。誓って。それぐらい、後ろめたさがないっていうことを言い訳したわいわけか?」「いいえ。アタシは、言葉が見つからないまま、しばらく時計の針がカチカチと耳に感じながら、上の空で鳴海くんの声を拾っていた。 アナタが疑うよーんうなことわ〜一つも」「……まア、いいのよ。そしてちょーだい夫への想いが諦められていない自分にも気付く。アタシは、夫が帰宅しちゃいけないわよりにぃ〜、思いきって打ち明けた。アりえないことだわ。彼とわ〜そんな関係にはならないわ。


ハッピーメール モバコイ ピュアアイ ワクワクメール ワクワクメール ラブサーチ イクヨクルヨ

リンク集|123

Copyright © 他の男と一泊 All rights reserved

2style.net